福島市に木製カードホルダーを寄贈しました

 令和4年2月25日に、国産材の利用拡大を図るべく、当組合・県森林組合連合会・農林中央金庫福島支店の3団体合同で、福島市へ県産材を使った木製カードホルダーを寄贈致しました。
 福島市役所にて行われた贈呈式には、菅野厚代表理事組合長のほか、松本秀樹代表理事専務(県森林組合連合会)、加藤弘樹支店長(農林中央金庫福島支店)が訪れ、木幡浩福島市長から感謝状をいただきました。
今回、寄贈しました木製品は、4月27日グランドオープンします「道の駅ふくしま」にて活用される予定です。

前の記事

採用情報